浦安コペルニクス総研・ブログ版

普通の人々が、日常の生活と浦安市の市政の関係を考えていく仕組みをつくりたい。 行政主導の市政から、市民主体へ、 コペルニクス的転換を試みる「行動する」研究体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.26 市庁舎建設計画に関して

生活環境が変わり、日常に流され、いつしか更新もストップしたままになっていました。
2009(平成21)年の1月に、市庁舎建替の計画が「経済情勢の悪化」を理由として、突如市長さんにより一時停止が発表されたこともあり、浦安市の抱える課題に対する緊急性の実感が薄れていたのも、また事実です。

しかし、2010(平成22)年10月25日、市長さんが四期目再選の直後に建設計画再開を発表され、さらに震災後の2011(平成23)年4月20日、新市庁舎建設計画を予定通り進行される考えであるとの会見がなされました。

現在、浦安市のみならず日本は全国的に緊急かつ重要な課題に直面しています。
プールされた資金と、予算、今後の収入見込みを明確に試算した上で、中・長期的に何が必要になってくるのか、を今一度見直す必要があるのではないでしょうか。
その上で、市庁舎に関してはそのあり方を、そこで実際に働く職員の方々、利用者である市民の皆さんと共に、これまでの前提をなくしたところから求めていくのが望ましいのではないか、と考えています。

※記事No.24以前は、2008年以前に書かれたものです。ご注意ください。って、更新しない私が悪いですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://copersoken.blog85.fc2.com/tb.php/26-88421038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。