浦安コペルニクス総研・ブログ版

普通の人々が、日常の生活と浦安市の市政の関係を考えていく仕組みをつくりたい。 行政主導の市政から、市民主体へ、 コペルニクス的転換を試みる「行動する」研究体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.001 ようこそ浦安コペルニクス総研へ

こんにちは。浦安コペルニクス総研 主任研究員の大石まさひこです。
コペルニクスというのは、ご存じの通り天動説が普通に信じられていた時代に、「回っているのはこの地球だ」と主張した科学者です。
私たち市民は、政治を行っているのは行政(=おカミ)で、自分たちがそれに従っているような錯角をつい持ってしまいがちです。でも本当は、自分たちが暮らし、働き、学ぶ街のことを決める権利と責任を持っているのは、ほかならぬ自分たちです。そのために、税金というお金を出し合っているのです。その使い道について、しっかり意見を表明していくのが本当です。
そこで、新しいブログとその運営母体としての私の私的事務所を、「浦安コペルニクス総研」と名付けました。総研とは総合研究所の略で、いわゆるシンクタンクのことです。シンクタンクというほど大層なもんじゃありませんが、市民主導の市政を研究する機関でもありたいとの願いも込めてみました。「市民自治研究会」とか固い感じにしない方が、なんだか楽しそうだし。
そんな訳で、今後浦安市の市政について、市民主体でできることを何でも、楽しくやっていきたいと考えています。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://copersoken.blog85.fc2.com/tb.php/1-a8732c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。