FC2ブログ

浦安コペルニクス総研・ブログ版

普通の人々が、日常の生活と浦安市の市政の関係を考えていく仕組みをつくりたい。 行政主導の市政から、市民主体へ、 コペルニクス的転換を試みる「行動する」研究体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.31 何が問題なのか 高洲のモニュメント建設

マスコミで報道されて、話題が広がっている「高洲地区のマンホール・モニュメント建設」問題。
「震災の記憶を忘れないためにも残せ」という声と、「住民感情としては残したくない」という意見に集約される二極の対立構造が、市外の方々も巻き込んでインターネットの掲示板やツイッター等を中心に形成されつつあるようです。
モニュメント化に反対する声を、資産価値の低下のみを心配する「地域エゴ」だと冷ややかに見る人々も存在するようです。モニュメント化問題を表層的に捉えてしまうので、その種の情緒的感情論に基づく評価が生じます。

しかし、この問題を情緒論・感情論で議論するのは、中々難しいのではないでしょうか。
この話がどこから始まって、どう進んでしまっているのかそのプロセスを検証、整理することで、解決の方向性が見えてくるように愚考します。

市は、モニュメント化の目的を「東日本大震災による液状化被害と、震災で得たさまざまな教訓を日々風化させることなく、後世の記憶にとどめるため」(広報うらやす2012年9月15日号より)としています。
そうであるならば、ではモニュメントとして「何を遺すか」(対象物の選定)、そしてそれを「どう遺すか」(手段・手法の選定)という検討の段階があるはずです。
その段階の説明が市民に対してなされないために、「高洲中央公園内の浮き上がったマンホール」という「対象物」を、そのままその場所に遺すという「手法」が震災モニュメントにふさわしいかどうかがうやむやのままなのです。そこが、周辺地域に暮らす住民の方々や、市民の理解・共感が伴わない理由なのではないでしょうか。
これでは、「当該マンホールをそのままの形で遺す」というアイデアが先に立って、震災モニュメントの設置が発想されたように思われても仕方ありません。
震災遺構なら他にもモニュメント候補に適したものがあるかもしれません。建設反対の署名活動などがが起きない物件が望ましいのは言うまでもありませんし、手法としても、例えば博物館や市民文化会館に移設する、当時の写真や映像とともにマンホールのフタなど一部のみ展示する、などが考えられます。

震災の記憶を風化させない、という意味では、浦安市は既にA4判フルカラー68ページの記録写真集「ドキュメント 東日本大震災 浦安のまち−液状化の記録−」を出版社に依頼して製作、新年度以降に防災学習の副教材として活用する意向も示されています。
舞浜、新浦安地区では地面や道路、建物もまだ元通りに復旧しておらず、震災の記憶が風化するのはまだまだ先のことです。そして問題のマンホールの下にある耐震性(のはずだった)貯水槽、これもまさに風化させてはならない重要な震災の証言者です。

この貯水槽(貯水量100トン)は1996年に、公園の駐車場地下に災害時の飲料水確保のため浦安市が約1億2千万円をかけて設置したものです。しかし、液状化により1メートル以上浮かび上がり、使用不能となりました。
100トンの重量を持つコンクリート製の耐震貯水槽が、浮き上がり防止の金属ベルトまでをも破壊して浮上してしまったのです。
この事実は、モニュメントとして遺すかどうか、という議論より以前に、検証されなければならない重要な問題だと思います。
約1億2千万円の設備が役に立たず、本来の目的を全く果たせなかった。同種の設備は他にも存在するようですし、今後のためにも構造上何が問題だったのか、明確にするべきではないでしょうか。地上にモニュメントとしてマンホールを整備してしまったら、壊れた貯水槽跡がそのまま地下に埋もれてしまいます。そうなったら再度掘り起さない限り、もはや検証はできません。
「モニュメント、150万円位でできるなら別にいいんじゃない」と思っている方がいらっしゃるとしたら、その理解は大変危険です。
スポンサーサイト

No.30 茅ヶ崎市の事例

浦安市と同様に、神奈川県茅ヶ崎市が市役所本庁舎の建て替え計画を進めています。
平成27年度の供用開始に向けて、現在基本設計の段階にあります。
計画が推進されている一方で、これを疑問視する市民の声も少なくなく、議会を巻き込んで住民投票実現への動きも活発になっています。

他市のことでもありその是非は置きますが、今回はこの件に関する茅ヶ崎市の広報の様子を紹介します。
まず、茅ヶ崎市のwebを見てみましょう。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/
茅ヶ崎市トップページ

左側ナビの中央あたりに、やや大きな「市役所本庁舎建て替え」の文字が見えます。市民の関心が高く、市としてもより周知理解を促したいテーマであることから、見つけやすい位置にリンクが設定されています。
クリックすると、「市役所本庁舎建て替え」のトップページが開きます。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/17325/017077.html
「市役所本庁舎建て替え」のトップページ

基本計画や概要、スケジュールなどが左側ナビボタンに配置され、トピックスでは説明会や意見交換会の告知がなされています。
意見交換会のページはこちらです。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/17325/028791.html
意見交換会1

もうひとつ、こちらも。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/17325/24907/022057.html
素案の意見交換会
公民館などを利用して、土日も含め市内各域で何度も開催されている事がわかります。
こういう場が多いと、市民は足が運びやすいですね。

基本設計の説明会も、土日を含めて3日間開催されています。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/17325/029660.html
設計説明会

さらに、説明会や意見交換会に行けない人、地元でもっと聞きたい人のために、「出前」も行っています。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/17325/24907/017776.html
出前

また、意見の募集についても「新庁舎」専用のページが随時用意されています。
https://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/cgi-bin/enq/formcms/fc_form.cgi?g=80&m=p/
意見募集

ユニークなのは、『市役所の使命とは!「被災地より見えた市役所の役割」』と題された市民フォーラムの開催です。
東日本大震災の被災地、福島県須賀川市より石井副市長を招き、災害発生時の市役所の役割などの事例報告と意見交換を企画した物です。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/17325/029400.html
フォーラム

事例紹介が長くなりましたが、庁舎建設に関して茅ヶ崎市が様々な形で、市民と情報のやり取りを行おうとしている熱意が感じられるように思います。
どのような形で新庁舎を建設する事が最も望ましいのか、一人ひとりがしっかり考えることを可能にするためには、まず「平等な形で必要な情報がいつでも得られる」ことが大切だと思います.

浦安市でも、庁舎建設は既に設計が予算化され、進められている大事業です。市と市民、双方向の一層の情報交流を望みたいと思います。せっかく市民が主催で開く討論会には、ぜひとも市側の出席をお願いしたいと思います。

浦安市では、庁舎建設に関するweb広報は2008年8月23日で停まってしまっています。計画再開に際して、情報発信も重ねてお願いします。
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1214.html
庁舎建設

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。