浦安コペルニクス総研・ブログ版

普通の人々が、日常の生活と浦安市の市政の関係を考えていく仕組みをつくりたい。 行政主導の市政から、市民主体へ、 コペルニクス的転換を試みる「行動する」研究体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.29 じゃ、市庁舎はどうする?

誤解の無いように記しておきますが、私は「市庁舎の建物を新築する必要はない」と思っているわけではありません。どんな市庁舎のあり方が望ましいのか、これまでの経過にとらわれず一度徹底的に意見を集めてから計画を再スタートする方が、誰にとっても良い結果になるんじゃないの?というのが私の考えです。

私は以前、企業のCI(コーポレート・アイデンティティ)や「ブランディング」づくりを支援する会社で、企画職の仕事をしていました。一言で言えばそれは、企業や組織の意思・思いを総意として紡ぎ合わせ、関係社会に伝えていくためのやりかたをケース・バイ・ケースで構築する仕事です。この仕事は大きく2つに分けることができます。
1つは、「組織の意思・思いを総意として紡ぎ合わせる」段階。次が、「その思いを関係社会に伝えていく」段階。
広告作成やシンボルマークのデザイン、社名変更などを伴うことが多いので後半の段階がクローズアップされがちなのですが、重要なのは実は前段の部分です。
その企業なり組織が「何を信条として、何を世に提供していきたいのか」ということを明確にして、組織の構成員がそのことを一緒に考え、取り組んで行く態勢が整わなければ、デザインや広告だけ作っても中身が伴わず、まったく意味をなさないからです。
そこで、私が所属していた会社ではまず関係者に対し徹底的にリサーチを行っていました。社員全員に対し10ページにも及ぶアンケート調査を実施し、自分たちはどんな会社でありたいと望むのか、現状のイメージはどうか、企業力は、社内組織は、などの情報を集めます。
このアンケートを基に、得たい情報をより深く得るため、企業のトップ層、中間管理職層、一般社員層に個別あるいはグループでインタビューを行うと同時に、その企業の取引先にも赴いて現状の問題点や課題を浮き彫りにしていきます。
さらに、その企業から各方面に発信される情報(広報誌や社内報、会社案内、広告、社員手帳、株主向け冊子、商品パンフレット、WEB、名刺、封筒、建物サイン、看板、車両等など)を集めてコミュニケーションの状況を把握します。
そうした1次情報を収集・分析して共通の認識基盤をつくり、それをベースに今度は社員自身が自分たちの向かうべき像を様々な手法で議論するのです。このプロセスを経る事により、理念の共有がなされ、多くの部門の社員一人ひとりが思い描く未来と、企業全体として描く未来が一致を見るのです。
と、書いてしまえばカンタンですが、これは相当エネルギーの要る作業で、時間もかかります。そのかわり、うまく進めばダイナミックな結束力が生まれ、全員が共有する一体感や達成感も大きな物になります。何より、上意下達式のプロジェクトや単純な多数決では決して得られない、「自分たちの手で自分たちの未来を決める」満足感が生じるのです。

前置きが長くなりましたが(って、いままでのは前置きかいっ)、市庁舎建設のような大きなプロジェクトで、様々な立場の意見があまたあるテーマにおいては、同じようなプロセスが有効なのではないでしょうか。
市庁舎を利用する人、そこで働く人、建てようと計画する人、できるだけ多くの人々の声を集めて関係社会全部を巻き込んで、みんなが共有・共感できる市庁舎像を一度描いてみたい、と考える人は少なくないはずだと思うのですが。

11月4日(日)文化会館中会議室にて行われる「新庁舎建設再開の是非を考える自由討論会」は大変良い機会です。
たくさんの方々が参加できたら良いなあ、と思います。時間は14 時00分〜16 時30分です。

スポンサーサイト

No.24 市庁舎建替えに関する資料

市庁舎を現在の場所で建替える計画が進行しています。
私は、もう一度市民みんなでこの問題をしっかり根本から考えるために、計画を今のタイミングで一旦止めてみるべきだ、と考えています。

この問題を巡っては、大変多くの基礎資料が存在します。ほとんどは浦安市の公式ホームページで手に入りますが、なかなか検索するのも大変だろうと思いますので、ここにリファレンス一覧を掲げておきます。
是非、この問題を考える際の参考にしていただきたいと思います。

●浦安市公式ホームページ内・庁舎建設関連
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1214.html


●新庁舎建設市民ワークショップ (平成18年11月、12月)開催記録および資料
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1236.html

●パブリックコメント関連
新庁舎建設基本計画(案) のパブリックコメント実施結果(平成20年4月付)
募集期間・平成19年11月1日(木)~平成19年11月21日(水)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu3022.html

浦安市新庁舎建設基本構想(案)のパブリックコメント実施結果(平成18年6月付)
募集期間・平成18年5月15日(月)~平成18年6月5日(月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1241.html

庁舎建設へのパブリックコメント実施結果(平成17年4月付)
募集期間・平成17年1月15日(土)~2月15日(火)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu2998.html

新庁舎の建設についての随時意見募集(平成20年4月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1240.html

●諮問機関関連
新庁舎建設アドバイザー会議(平成18年10月~平成19年2月)議事録および資料
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1233.html

新庁舎建設市民懇話会(平成17年9月~平成18年3月)議事録および資料
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1235.html

浦安市新庁舎建設設計者選考委員会(平成20年7月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1232.html

●計画関連
新庁舎建設基本計画(平成20年5月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1234.html

新庁舎建設基本設計プロポーザル第1次選考結果(平成20年7月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1244.html

浦安市新庁舎建設基本構想(平成18年7月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1241.html

●行政当局からの広報広聴関連
市庁舎の現状と課題(庁舎建設課・平成17年12月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1238.html

新庁舎建設検討の経緯(2008年8月23日付)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1245.html

新庁舎の建設位置について
http://www.city.urayasu.chiba.jp/a007/chosha/shiryo/kensetsuichi.pdf

これまでに広報した内容(庁舎建設課・平成17年1月~平成20年5月までの広報うらやす全7回分)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1242.html

新庁舎建設に関するQ&A(平成18年4月)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1239.html


浦安市の市民参加・恊働に関する情報トップページ
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu1209.html

情報公開に関する情報トップページ
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu2335.html

●議会関連
浦安市議会会議録検索ページ(検索キーワードに「庁舎建設」と入れて検索してください)
http://sv2.city.urayasu.chiba.jp/discuss/cgi-bin/WWWframeBase.exe?A=frameBase&USR=webusr&PWD=&L=1&S=31&Y=

●関連部署連絡先
庁舎建設課  電話:047-351-1111
build@city.urayasu.lg.jp  〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所本庁舎5階)
広聴広報課  電話:047-351-1111
kochokoho@city.urayasu.lg.jp  〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所本庁舎5階)

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

No.23 自治基本条例

4月15日発行の「広報うらやす」をお手元にお持ちの方は、2ページ目を開いてみてください。左上に、「集中改革プランがスタートします」と掲げられているのが目に入ると思います。
「集中改革プラン」とは、浦安の行政改革を強化するため、このほど策定された政策プランです。重点事項の6「市民との協働に向けた環境づくり」というところを見ていただくと、「自治基本条例の検討」というタイトルに続き、小さな文字でわずか2行、「自治体のまちづくりの憲法にあたる、自治基本条例の制定について検討を始めます。」と書かれています。
実はこれこそが前回の記事で記した、「二元代表制の地方民主主義の仕組みの中で、市民の声を本来的な意味で市政に反映させるため」の「重要な事柄」なのです。

自治基本条例という言葉をお聞きになったことがおありでしょうか。最近多くの自治体でその制定が盛んに行われているもので、市町村レベルでは、2001年4月制定の北海道「ニセコ町まちづくり基本条例」が最初です。都道府県単位では、2002年10月の「北海道行政基本条例」が最初の事例だと言われています。

「広報うらやす」の記述を読むと、浦安市は"市民との協働"の文脈でこの自治基本条例を捉えようとしているようにも見えます。しかし、自治基本条例は当然その領域にとどまるものではありません。"市民との協働"だけなら、すでに「市民参加推進条例(2004年3月制定)」があります。この条例がなぜ"まちづくりの憲法"、"自治体の憲法"と呼ばれているのかを考えれば、本来の意義が明確になります。

憲法、といわれるからには、この条例は第一に最高規範としての性格を持ちます。すなわち、「この条例に違反する他の規則や条例は制定できない」という強い効力を発揮するのです。

第二に、この条例は浦安市の運営のルールを定めるものになります。自治体は主権者たる市民、執行者たる行政(市長+職員)、議決機関たる議会(議員)での3者で運営されます。この3者が、どのようにそれぞれを位置づけ、関係性を定めるのか、をここで明確に規定します。

第三に、基本的な制度の項目を網羅する唯一の条例になるということです。その範囲は、およそすべての市の業務、つまり情報公開や共有、市民参加、政策形成と計画化・評価の過程、行政執行機関の責務と組織のあり方、職員について、議会の責務と議会制度のあり方、行政の公正と信頼のための諸規定、セーフティネットとしての条例見直し手続き、そして住民投票制度、など、あらゆる領域に及ばなくては意味を持ちません。市民参加推進条例や、2007年3月議会で可決された政治倫理条例などすでに先行して存在する目的別の条例は、自治基本条例に示される理念・原則に基づいて、具体的な制度について定めるものとなる訳です。

いままで全体像がわかりにくかった街の成り立ちというものを、しっかり明文化し、共有する意味で非常に意義のある条例といえるでしょう。

ちなみに、2006年12月、制定を試みた我孫子市では議会の猛反発に合い否決されています。
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/15,23749,81,273,html

とても大きなテーマなので、主権者たる市民、執行者たる行政(市長+職員)、議決機関たる議会(議員)のすべてに勉強が必要です。
これから本「浦安コペルニクス総研」では、この自治基本条例を重要項目として取り組んでいこうと考えています

※先進事例として、三鷹市の取り組みをリンクで紹介しています。参考にしてください。
http://www.sotech.co.jp/mitaka/

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

No.022 市民会議の中間報告会

20070514144459.jpg

すでにご承知の通り、浦安市では市民有志およそ200名を集めた「第2期基本計画策定浦安市民会議(通称・市民会議)」を組織・運営しています。昨年8月の市民会議立ち上げから約8ヶ月間にわたって進めてきたそこでの議論の内容を発表するため、5月12日(土)、中間報告会が市民プラザ WAVE101で開催されました。
http://www.challenge-urayasu.jp/

主催者によれば、当日は約250人が集まったとのこと。残念なのは、「市民会議全体での共有」だけでなく、「広く市民に公表する」目的があったにもかかわらず、私のような一般市民の参加がほとんどなかったことです。会場に集まったのは市民会議メンバーの皆さん、市長はじめ市役所の部課長職以上、そして8名の市議会議員。議員には座長名で招待状を送ったとのことでした。

市民会議は、
・都市経営
・街づくり
・暮らし・環境
・健康・福祉
・教育・生涯学習
・市民活動・交流
の6つの分科会に分かれています。
メンバーの皆さんによるプレゼンテーションは各分科会ごと15分づつ。これまでの長い議論をそこに凝縮する努力は大変だったと思います。

私が印象に残ったのは、何人かの方が「この後市民会議はどのような位置づけで、市政に対しどのような関わり方をしていくのか」「議論をどうまとめていくのか」というプロセスをとても大切に考えておられたこと、そして「市民会議と議会との関わり」に期待されていたことです。

「これだけの議論が市民でできるのなら、議会も市役所もいらないね」と冗談まじりの発言も飛び出しましたが、会議の皆さんはさすがに議論を重ねてこられただけあって、本質を理解されています。それぞれの分科会としての提言をまとめる一方で、縦と横のリンクの必要性を強く感じておられました。

いいかえればそれは、二元代表制の地方民主主義の仕組みの中で、市民の声を本来的な意味で市政に反映させるためには、市民と行政(執行部)と議会の関係を明確にしなければならないのではないか、ということです。

実は、その答えになる重要な事柄が、4月15日発行の「広報うらやす」2ページ目に掲載されているのですが、気がつかれましたでしょうか。
(No.023 へ続く)

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

No.003「まちづくりリーグ」活動テーマのアイデア例

まちづくりリーグ・オモテ面

◎市の出前講座を活用しよう!
浦安市にはなんと、10人以上の市民が呼べば都市計画や環境、産業、財政、福祉など様々な分野について、出張して解説してくれる「出前
講座」という制度があるのです。ご存じでしたか?これを利用しないテはありません。どんどん呼んで、どんどん教えてもらっちゃいましょう。

◎マニフェストを読み解こう!
最近の選挙では、マニフェストという公約集がよく出されます。しかし、首長が出すべき公約と、議員が掲げるべき公約は意味合いが異なるのです。また、その公約を当選後どのように検証すればいいのか、などイロイロ知るべきことがあります。2007年4月には市議選・県議選があります。しっかり評価する力をつけましょう。

◎パブリックコメントに挑戦しよう! 電子掲示板に参加してみよう!
浦安市では、様々な計画や大きな事案に関して、市民の声を聞く「パブリックコメント」という制度を実施しています。でも応募する人は少ないのです。コメントをするためには計画のことをよく知らなくてはならず、面倒なんです。そこで、みんなで勉強しながら楽しく意見を出し合って、そのまま提出してみたらどうでしょう。
あるいは、今行われている「市民会議」の電子掲示板。206人の市民委員でなくても、関心のあるテーマについて自宅のパソコンからネット上で意見を交わすことができるのです。どんどん参加しちゃいましょう。

◎3月議会を傍聴しに行こう!
3月に行われる市議会は年度の最初の議会です。3選された市長の施政方針演説があり、新年度の予算の審議もある重要な議会です。そこで議会傍聴を中心に、どのように市政というものが進められていくのか、現場をみんなで見に行ってみませんか。

◎市民討論会を企画してみよう!
いま浦安では、「市庁舎の建て直し」「給食費の未納」「路面電車LRT」「入札問題」「市民病院の赤字」など多くの課題があります。こうした現在進行中の問題について、例えば個々のリーグで話し合いを行い、その後全グループや個人が一同に会し討論会を行うのも面白いと思いませんか。

◎自治基本条例について研究しよう!
自治基本条例とは、自分たちの街の市政をどのように市民主導で進めていくのか、を条例として定めたものです。三鷹市、杉並区、ニセコ町などで既に制定されており、我孫子市ではこの12月に議会に提出され、否決されました。制定すること自体いいのか悪いのか、という段階から市民自身が議論できるよう、まず研究するところから始めてみませんか。

●そして掲げる目標は!
2006年10月に行われた浦安市長選挙の投票率は、45.7%と低いものでした。これは4年前の選挙時に比べても、さらに3%低い数字です。これは、「普段の生活と市政が結びついているという実感がほとんどない」からだと思います。市政なんてのは市長や議員や市役所の職員や、あとは一部のヒマがある人たちが関わっているものだ、という感じが、少なからずあるのだと思います。
そもそも「まちづくりリーグ」という構想を思いたった直接の動機が、この低い投票率を何とかしたい、という思いからでした。そこでひとつの目標値として、浦安コペルニクス総研では次のことを掲げます。

◎平成22年に行われる次の市長選の投票率を、70%に引き上げよう。(略称=2270運動)

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。