FC2ブログ

浦安コペルニクス総研・ブログ版

普通の人々が、日常の生活と浦安市の市政の関係を考えていく仕組みをつくりたい。 行政主導の市政から、市民主体へ、 コペルニクス的転換を試みる「行動する」研究体です。

市議選·選挙公報の読み方

ただいま2019年市議選真っ最中、投票日まで残り3日です。

今回出馬された26名の方々の選挙公報を拝見しました。私も覚えがありますが、小さいスペースにいかに伝えたいことを盛り込むか、皆さん苦労なされたことと思います。しかし今一度有権者の立場に立って公報を読むと、一転ピンとこないものに見えてしまう気がするのは何故でしょうか。
例えば、市政に必要と思われる政策を網羅的に掲げようとすると、他の候補者とあまり代わり映えのしないものになってしまいます。実はこれは当たり前の事で、浦安に限らず地方自治体の課題はそのほとんどが「子育て・教育」「安心安全(防犯防災)」「健康・福祉(高齢者対応)」「まちづくり」「行財政改革」のいずれかに分類されるからです。
公報(あるいは自らの政策資料)でそうしたカテゴリー分類を提示し、それぞれにおける施策案を掲げても、実のところあまり意味を感じません。市議選は、市政を総合的にリーディングする市長選挙とは違うからです。
市議選で訴えるべきは総花的な内容ではなく、「議員として自分は市政にどう関わり、何をどう成し遂げるのか」をはっきり示すことです。自治体議員の政策として重要なのは、
1)現状認識
市の問題点や課題を分析し、自分なりの視点で重要性・緊急性を判定する。
2)課題と目標の設定
課題に対する一年単位の短期的目標と、中長期的な目標を設定する(定量的に測定可能な目標値があればさらによい)。
3)行動指針
その目標実現のために、議員としてどう動くのか。
この3つを明確に示せるかどうか、です。
特に3つ目の行動指針。その方法論は、2で設定される課題によって、様々です。政策実現に向けて条例の提案・制定をするのか。行政に働きかけて予算を獲得するのか。関係官庁や業界に働きかけて調整役を担うのか。
議会での質問や審議を通じて事実を浮き彫りにし、議論を実のあるものにするのか。市民の考えや意向を反映できる具体的なシステムをつくりあげるのか。
ここの部分で、単に「がんばります」「目指します」「働きます」「取り組みます」と抽象的な言い方だけで終わっているのでは、何も言っていないに等しいものです。具体的にどう実現するのか、私たちはそこを知りたいのです。自治体議員が普段どんな仕事をしているのか、なかなかイメージできないのは、そうした姿が示されないからではないでしょうか。
もちろん、それら具体化のプロセスに利権が紛れ込まないよう、過程の記録と情報公開を行う態度も示して欲しいと思います。

誰に投票するのかを決める参考として選挙公報を読むのなら、その候補者が「何を重点課題と考え、どう実現していこうと考えているのか」をしっかり読み取りたいと思います。自分の思いや考えと最もシンクロする人が見つかったなら、それがあなたの投票すべき候補者です。

ずいぶん偉そうに言っているが、そんなに言うならお前がやれよ、と思われる方もいるかもしれません。しかし、有権者は偉そうにしてていいんです。少なくとも私たちは、四年の間市政を委ねる人たちを選挙で見極め、選ばなければならないんですから。
スポンサーサイト



クラウドファンディング始めました。

本業の方で、初めてのクラウドファンディング、始めてみました。
モンゴルで作ってもらった、オーガニックで育てたヤクとキャメルのニット製品をお届けします。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
https://camp-fire.jp/projects/view/105441

2017 No.3 市議会議員補選

告示日の今日になって、候補者5名が判明しました。
(50音順・敬称略)

芦田よしえ
いわお洋輔
おざわ松彦
さいとう哲
よしい由美

2017.No.02 市長選挙立候補予定者の政策レビュー

2017年浦安市長選挙・立候補予定者3名の政策案が出そろいました。
今回の選挙は、5期にわたり存在感を示した現職市長の「県知事選出馬に伴う辞任」という背景があります。そのためか、2006年、2010年、2014年に行われた過去の市長選で見られたような、ネガティブキャンペーン合戦があまり目立っていません。
市民の間からも、政策論議を中心とした選挙戦を歓迎する動きが多く見られています。候補者から政策を聞くイベントや討論会の企画開催、候補者以外からも政策アイディアを募るイベント、そしてそれらに自主的にコミットしていこうとするインディーズのブログ言論やツイッタージャーナリズムの勃興など、これまでとは異なる雰囲気の中で、市長選と市議補選が始まろうとしています。

市長選挙立候補予定者3名の政策案を、比較表にしてみました。これは私自身が投票行動を決めるために作成した資料でもあります。
三名の政策案を比較してみると、それぞれに特徴が見られます。

●内田えつし氏
政策が網羅的である。反面、例えば「河川の水質改善」「文化芸術支援」といった大項目を掲げるに留まり、具体的な施策に踏み込んだものが少ない。地方都市が取組むべき施策一覧、といった印象だ。
実際のところ諸々の腹案はお持ちのようで、3月12日の討論会では「ロープウェーを使った新交通構想」(現実的にはバス交通網を充実させる考えであるとのこと)を披露している。行政経験、政治経験を自らの強みとされているところから、市長として強い影響力を行使せず、市民のニーズに対し市として対応していくという、調整型の市政スタイルのように思われる。
まずは前職が行ってきた市政に対してレビューや事業仕分けを行い、継続と刷新を使い分けるお考えのようだ。

●岡野じゅんこ氏
政策として掲げる項目の数が多い。ご自身の経験からか、子育てや女性に関連する施策については非常に細かく、図書館関係の施策も多く具体的になっている一方で、「シンボルロードのシャンゼリゼ計画」「中町を田園都市としてブランディング」「野菜工場を浦安の産業に」など大きな計画はざっくりと示されている。これらに関しては発案の根拠説明とフィージビリティ(実現可能性)の検証が必要となる。頻出する「ブランド」「ブランディング」というキーワードは、イメージ戦略の意味で使われているようである。ディズニー社との連携を特に重視されている点も他の候補と異なる。
「全国最年少女性市長」としてトップダウン型の市政を志向する点は、同氏を支援する前市長のスタイルを継承するものと言える。

●折本ひとみ氏
市内経済の活性化に関するアイディアとして、第二湾岸道路予定地の活用や循環バスを利用した交流市場構想など具体構想をお持ちの様子。またご自身の経歴から児童教育に関する施策案も示されている。しかしそれ以外は基本的に、市民力を「浦安のポテンシャル」と位置づけ、施策の立案や予算編成までをも協働の視野に入れた、市民ボトムアップを強く推進する方向性を示された。これは音楽ホールや震災モニュメント、格子状地中壁工法、スワンカフェ撤退など政策をトップダウンで強力に進めた前市長の方法論とは対極であり、岡野じゅんこ候補との対立軸となっている。
ポテンシャル活用のため「徹底した情報公開」を掲げ、市民参加、市民主体、市民協働というワードを多用し、実現に向けては市民委員会創設や議会改革、公民館運営などの仕組みづくりを構想されているようだ。


市民の声を聞く、というのは現代の地方政治では当たり前の前提になっています。ただし、その方法論の多くは「まず行政が政策を立案」することから始まる行政主導型です。そこをスタート地点として、「市民に提示し意見を聞く」「意見を参考にして計画の文言を修正する」等のプロセスを経て「予算案に落とし込み議会に諮り」実施に至るものです。このアプローチには、行政が描くストーリー以外の発想・視点・アイディアが入り込む余地がほぼありません。
以前浦安市で試みられ、「画期的な実験」と時の市長が自負された200人規模の市民会議も、知見の結集により多大な答申がなされましたが、もったいない事にその時だけで終わってしまいました。
今回の市長選にあたっては、ネットやイベントで多くの市民の方々から、それぞれが描く思い思いの浦安の未来像や、政策の提起・提案がなされており、議論が活況を呈しています。
また市職員の中にも、上職や部局の壁を乗り越えて、政策立案に資する情報をオープンソース化していこうと努力するチームも存在します。
これらを「浦安のポテンシャル」と考え、知恵と力と多様性を結集していく仕組みが作れたならば、そこに地方自治のあり方を進化させる可能性が見いだせると思います。そこから、はじめてその地方独特の魅力と理想像を描く「真のブランディング」が可能となります。
選挙で選ばれたからといって、市長は市政を白紙委任されている訳ではないはずです。市民を主体とした地方民主主義の新たな方法論立案を、今回の市長選立候補者の皆さんにぜひ期待したいと思います。

政策比較01

政策比較02

政策比較03

政策比較04

2017年 浦安市長選挙

現職市長の県知事選出馬に伴い、市長選挙が始まります。

●立候補予定者web(50音順)

内田えつし
http://www.urayasudaisuki.net/

岡野じゅんこ
http://okanojunko.jp/

折本ひとみ
http://www.urayasu-asita.net/

●市民による解説・意見web

浦安発・日本活性化プロジェクト
http://urayasu-fan.com/

浦安市民の情報交換ブログ
http://urayasucitizens.net/wordpress/

●討論会情報
「次代を創る公開討論会~若い世代が希望を持つ輝き続ける浦安に~」
日 時:2017年3月12日(日)
14時00分~16時00分
場 所:【本会場】
○明海大学 2102大講義室
〒279ー8550 千葉県浦安市明海一丁目
TEL:047-355-5111
【サテライト会場】
①新浦安駅前広場
〒279ー0012 千葉県浦安市入船一丁目1-1
②浦安駅前ロータリー荷捌き場
〒279ー0004 千葉県浦安市北栄一丁目13-1
【同時中継】
公益社団法人浦安青年会議所Facebookにて放送を予定

以下、関連リンク先を追加しました。

里海うらやす

あすうら

中町人 液状化対策


2017/3/12浦安市長選挙公開討論会まとめ #urayasu

2017/3/26浦安市長選挙・千葉県知事選挙・浦安市議会議員補欠選挙に関するまとめ #urayasu

はーべすと@3/26は選挙に行こう
次のページ